TEL

物損事故

物損事故の場合、被害者側はいなくても加害者がケガをしたり、痛みが出たりしている場合があります。治療は早期に始めることが重要になりますので、まずは東海市・南加木屋駅・加木屋町のカイト接骨院へご相談ください。

物損事故というのは被害者がおらず、物を壊したり、ぶつかったりしてしまう交通事故になります。物損事故でケガをするのは、加害者側です。加害者側として人身事故を起こしてしまうよりはまし…と安堵するかもしれませんが、自分のケガの治療、リハビリをきちんと受けることを忘れないようにして下さい。

物損事故を起こしてしまい、自分の体にケガをしてしまった場合、病院や接骨院での治療を積極的に行う人が少ないという問題点があります。これは加害者側の治療は自賠責保険が適用されないため、実費での治療費の支払いをしなければならないからです。

しかしきちんとした治療を早期にしておかなければ、ケガのよる痛みが回復しにくくなったり、後遺症になったりする可能性も否定できません。交通事故に対する治療はできるだけ早く行うことが重要になってきますので、まずはお気軽に東海市・南加木屋駅・加木屋町のカイト接骨院へご相談下さい。

物損事故の場合、治療費は必要になりますが、加入している保険内容によっては任意保険で賄われる可能性もありますのでまずは確認してみるとよいでしょう。